脱毛ができない体質

脱毛の施術は、どんな方でもできるとは限りません。
どうしても体質的に合わない方も多いです。
現在、この施術を行っているのは、美容外科などの医療機関、エステや脱毛サロンなですが、それぞれ使用する器械などが違います。

器械での脱毛施術が一般的になっていますが、特徴としては、皮ふに直接触れるのは、光やレーザーであることです。
以前は電気針で1本1本毛穴に挿して、抜くことでしたが、現在この方法の施術は数が少なくなっています。
それでも、切開をしたり、手術という大掛かりな方法は取らずに脱毛をすることができます。

器械での施術となると、事前に確認しなければならないことがたくさんあり、カウンセリングを行う事になります。
その時点で、決定的なものとしてレーザーや光に対しての抵抗があったりする場合は、その時点での脱毛施術は難しいと思ってください。

そして、自己免疫疾患をお持ちの方の場合、レーザーや光を敵とみなすことで、自分の体を攻撃してしまう刺激となってしまうことが多いとされています。
ですから、持病として、免疫に関係する病気がある方については、最初からこのような脱毛は困難かもしれないと思ってください。

キレイになるための脱毛が苦しい症状になってしまうのは本末転倒のことで、体が第一です。
安全な脱毛施術ですが、一部の方については、施術そのものをしないほうが良いと言う場合もありますので、そのあたりはカウンセリングの時にしっかりとお話してください。

Copyright © 2014 レーザー脱毛ができない例 All Rights Reserved.